So-net無料ブログ作成
検索選択
奄美旅行 '07 ブログトップ

奄美大島 3日目 [奄美旅行 '07]

最終日はトコトン島をドライブ
名瀬を出て南へ向い、油井岳展望台などをざっくり見て空港のある北部へ。

やっぱり大島は大きくて、あまり車は降りずに走らせていただけだったけど
ホテルを出てからまた名瀬に戻ってくるまで約4時間。
あぁ、時間が無いのが恨めしい。


それでもやっぱりビーチでは時間さきます

初日にお昼ご飯を食べたお店の雑貨がとてもお洒落で
手作り感のあるサンゴランプとかがとても素敵だった。
家に帰ってからランプ作らん、と砂浜で形のいいサンゴのかけらを皆必死でひろう。


そういえばみんな作ったんだろうか。。。


誰ですか、かくれんぼしているのは

車を止めてお散歩しているとあれあれ、海沿いに形の良いベンチとテーブルが。
目の前には青いビーチと揺れるハイビスカス
あまりにその景色と波の音が気持ちよくて。
いつの間にやらテーブルに突っ伏して全員爆睡。
その時間、30分。。。


通りかかった人はどう思ったかねぇ(笑)

3日間。
行き帰りの飛行機の時間もめいいっぱい頑張ったけど
全然時間足りないぞ、奄美大島。

感じたのは島の自然のたくましさ。
そして島の人のあたたかさ。
居酒屋で地元の方と話がはずむ、そういうのがとても楽しかった。

1週間ぐらい来れたらなぁ―。


また来ます!


奄美大島 2日目 [奄美旅行 '07]

待ち望んだジャングルデー到来。
マングローブ林のカヤック&原生林散策の旅にいざ出発。


いきなり秘境の入り口です

カヤックは慶良間のシーカヤックに次いで2度目。
1人乗りは皆初めて。
でも興奮のあまり、もはややりたい放題。
さっさと行くもの、望んでもいないのにすり寄い合うもの、岸に突撃していくもの。。。

波のある海ではないし、転覆するようなことはまずないらしいけど
命とその次に大切な思い出写真いっぱいのカメラだけは守りとおすぞ。


マングローブのアーチ

夢にまで見た神秘の世界。
しばしパドリングする手を止めてしまう。

海水の混じる河口は植物にとっては生息しにくい場所だろうに。
それでもこの子達はここにしっかり根付いている。
地中からせり上がった根っこはか弱くも見え、力強い。
水面からひょっこり顔を出す新芽なんかはなんとも愛おしい。

進むに連れて水路も狭くなり、カヤックを操るのも難しくなってきた。
マングローブを傷つけないように気をつけなきゃ。


オヒルギ、メヒルギの違いをお勉強

マングローブはその内部の塩分を一枚の葉に蓄えてゆき
黄色くなったその葉を落とすことにより塩分を排除しているそうだ。
スバラシイ。生命の神秘。
黄色い葉っぱをかじってみるとほんと、しょっぱかった。


計5人の隊員たち

綺麗に川の底まで見え、魚たちも見える。
マングローブ林には魚以外にも動物たちが沢山隠れているっていうから
次回は干潮時に動物観察かな。


おし、今度は原生林にレッツゴー


散策スタート

この辺りは古来から残っている亜熱帯植物の森。
本州の森とは全く違う。
シダ植物のデカイこと、デカイこと。「ナウシカ」の世界を思い出す。
実際、映画ゴジラ」の撮影にも使われたらしい。

その中でも目を引くのが「ヒカゲヘゴ」。
すらー、っと伸びる幹は天にも届くようなくらい。

枝が成長して徐々に下のほうから落ちていくと
幹の表面が剥がれ落ちて小判のような模様が出来るので
ガイドさんは子供の頃、これを触ってはポケットにいれて縁起を担いでたそうだ。
私ももちろん、全てのポケット数触ってきました。

  
ヒカゲヘゴ                        変わった小判の模様

ガイドさんに教えてもらった島言葉。
あれまぁ、あれあれ、といった意味合いで使われるそうなのが「あげあげ~」、
それが更に驚くと「はげはげ~」になるらしい。

聴きなれない鳥の鳴き声、綺麗なアゲハチョウ、巨大な虫達に
私達はずっと「あげあげ~」の大合唱。
皆この「あげあげ~」がいたく気に入ってしまった。
しかしまぁ、後者は誤解を招くので何処ででも使えないけど(笑)


見上げると、ほら

子供の頃と違って、今では「虫に触るなんてとんでもない」って感じだったのに
その虫達に触って遊んじゃうぐらい、散策時はすっかり童心に戻ってしまった。

でもその途中、すれ違ったのはマングースの捕獲調査をする方達だった。
ハブ退治用に人が森に離したマングース。
今は人がそれを捕まえている。

人間って。

ちょっと悲しくなってしまいました。





*** 今日のごはん ***


昼食  再び鶏飯 油ソーメンも美味  


夕食(の一部)  島料理

島の食材を生かした、島ならではのお料理に大満足。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奄美大島 1日目 [奄美旅行 '07]

昼前に到着後、早速レンタカーを借りてドライブスタート。
両側に広がるサトウキビ畑、途中見え隠れする青い海、
既に4人のテンションメーターは振りきれんばかり。


あやまる岬にて  うん、これぞ南の島の海!

ジャングル・メインの旅だけど、南の島に来て泳いで帰らないなんてもったいない!
泳ぐチャンスは今日しかないから、ととあるビーチにターゲットを絞り向かうものの
寄り道ばかりしているもんだから予定よりも到着遅れ。


午後16時 大浜海岸着  天気:くもり

10月後半のこの日、この時刻、
大浜海岸に来ていた人はさぞ驚いたことでしょう。
血迷った4人が水着で砂浜を駆け下り、いきなり泳ぎだしたのだから。

キャッキャッ楽しみつつも、実際は鳥肌だらけ。
「海開き」ならぬ「海閉め」ぐらいの、それはもうアツイ体験でした。。。
「あんたたち、泳いでたのー!?」って
地元の人らしき通行人からも尊敬のお言葉が。


お、晴れてきたニャー

と猫が言うので、水平線を見てみると厚い雲が切れてきて
諦めかけていた夕日が―。


砂で遊びすぎ

毎年来る南の島だけど、夕暮れ時にはビーチに行き
こうやって夕日が水平線に沈むのを見るのがお決まりになってしまった。

太陽が沈む。
毎日必ず起こっている出来事なのに、普段はまず見れないよね。
でもここに来ると、波の音を聴きながらその瞬間を大切に出来る。
あぁ、なんて贅沢なんでしょう。


あ、でも肝心な最後が雲隠れ。。。

*** 本日のごはん ***


昼食  塩炊き軟骨ラーメン


夕食(の一部)  奄美大島名物 鶏飯

カウンターで隣り合わせたおじちゃんにご馳走になった
黒糖焼酎『高倉』はほんと美味しくて、後に皆ボトルをかかえて帰ることに。。。


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奄美旅行! [奄美旅行 '07]

「マングローブでカヤックがしたい」

もはや毎年の恒例行事となりつつある南の島への旅。
前々から持っていたこの願いを叶えるべく
今回は海ではなくてジャングル系に決定。

マングローブ=西表島ってイメージが浮かんだけど
日程が3日しか取れず、西表ではちょっと遠いなぁってことで
それに次ぐ規模のマングローブ林を有する奄美大島が行き先に。

自分でカヤックを漕ぎつつ、うっそうとしたマングローブ林の
合間を抜けていった先には一体何がっ!
そんな大興奮の夢を見つつ、機内では爆睡。(私だけ)

今回も毎回お馴染みのメンバー。
がっつり飲めるし、
がっつり食べれるし、
毎晩UNOで盛り上がれるメンバー。。。


奄美旅行 '07 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。