So-net無料ブログ作成
検索選択

春の讃岐うどんツアー [フラリ旅]

実家から日帰りで讃岐うどんを食べに行ってきました。
車で片道3時間ののんびり旅。

CIMG0271.jpg
行きは久しぶりの瀬戸大橋経由で

春の日差しサンサンの瀬戸内海はエメラルドグリーン
小島達の間を沢山の船が行き来している景色はウットリするほど癒し系。

こんな風光明媚な景色だっかなぁ。
四国へは明石海峡大橋経由が多かったけど
断然瀬戸大橋の方が瀬戸内のよさを感じられる。
今までは判らなかった大人の魅力があります。

CIMG0286.jpg
讃岐もすでに春の景色

CIMG0280.jpg
お、並んでる並んでる  お店はすぐにわかります    

一軒目に行ったのは宮武うどんさん。
お昼時ゆえ50分ぐらい並んで店内に入れた。
もうお腹ペコペコ。

CIMG0301.jpg
待ってました、THE UDON

これにショウガ、好きな天ぷらを乗っけていただきます。
私はゲソ天をチョイス♪

打ちたてのうどんは調度よい感じのコシ。
私はこんなおうどんを楽しみに来たんだよ、うんうん。
おだしもサッパリとした味で、一気に飲めてしまいます。

2軒目に行ったのは小懸家さん。
大根おろしで食べるしょうゆうどんが有名。

CIMG0302.jpg
早速私達の前に置かれたグッズ達

ビックリ、出てきたのは半分の大根。
自分達で卸していくんだけど、これが結構大変。
まず握れないほど太いし。

出てきた冷たいうどんにネギ、生姜、ゴマ、すだち、そして自分達で卸した大根をのせて
おしょうゆをまわし入れて完成!

CIMG0306.jpg
名物、しょうゆうどん

コシが強いおうどんで、喉越しが気持ちいい。
大根おろしとすだちがやみつきに~。

3軒目を狙いたかったけど、有名店は1~2時にはお店を閉めてしまうのと
何よりお腹一杯になっちまったので断念。

CIMG0318.jpg
その後、源平合戦で有名な屋島へ

CIMG0319.jpg
屋島からは高松市内や瀬戸の海が一望

屋島って瀬戸内に浮かぶ島だと思っていたんだけど
まさかこんな険しい、しかもほぼ陸続きの台地だったとは。。。

日本史なんて中学生以来。もう殆ど覚えていないけど
那須与一が船に掲げられた扇を射落とした話は印象深くて覚えている。
その戦いがここ、屋島の戦い。

CIMG0310.jpg
めちゃんこ気合入れて投げました

CIMG0340.jpg
夜ご飯は鳴門のびんび家で海鮮をたんまり

CIMG0353.jpg
最後はライトアップされた明石大橋

橋で始まり橋で終わった日帰り旅は
穏やかな瀬戸内再発見の旅になりました。

家で体重計に乗ったらえらいことになってたけどねっ。

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。