So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス旅行13 パリ [フランス旅行 '07]

いつの話やねん、っていうツッコミはなしで。
フランス旅行記の締めです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
朝ストラスブールを発って昼前にパリ西駅に着。
とりあえず北駅に荷物をあずけに行く。
西駅からはメトロ一駅分。
荷物を持って階段を下りるのもなんなので、地上を徒歩でガラガラと。

CIMG6260.jpg
パリは何色かって聞かれたら青かな

CIMG6261.jpg
最終日は曇り時々小雨

最終日までお天気も崩れずにいてくれた。
つくづくラッキーと感謝しつつ、残りの時間はシャンゼリゼ通りでお買い物。

CIMG6268.jpg
凱旋門

放射状にのびる通りが集中する所には
教会とかなにかしら建造物があるパターンが多い。
歩道を歩くより車でど真ん中を行く方が見え方はよさそう。
きっと自分も凱旋気分。

CIMG6277.jpg
メトロの駅もそれぞれ個性豊か

この旅で何度お世話になっただろうか。
monoprixシャンゼリゼ通り店で大量購入したお土産をぶら下げて北駅へ。

CIMG6265.jpg
北駅のホーム  威風堂々

CIMG6264.jpg CIMG6258.jpg
真っ赤なタリスに                    ICEもいる

旅の玄関口。
国際線列車が発着する独特の雰囲気は日本では味わえないなぁ。
歴史ある建物や雰囲気がより一層厳かに見せてくれる。

小さい頃によく利用した阪急・梅田駅をふと思いだした。
出発まで列車が待機する折り返し式の駅。
京都・河原町に出て行く特急は、私には国際列車に見えたっけ(笑)

CIMG6278.jpg
このままどれかに乗っていきたい

ちょっと思い切って足を延ばした田舎。
この旅行ではこれがかなり当たりだった。
色んな所に行きたいのはやまやまだけど
日帰り旅でエリア内を濃く攻めていくのもよいな、と。
でもそれならそれで、その土地の言葉や習慣を
理解しようとする努力がもっと必要だなぁ、と感じもした。

広いフランス。次はプロヴァンスかな。
てかパリもまだ全然行き足りた感がないし!

CIMG6292.jpg
この子達も無事に帰国しました
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久米島旅行③ [久米旅行 '08]

ビーチからあがった後はレンタカーを借りて島巡り。
まずは五角形、六角形の形の石がひしめく畳石へ。

CIMG7488.jpg
見れば見るほど不思議な眺め

CIMG7497.jpg
宇江城跡からの眺め  北海道のとはまた違った絨毯模様

さて、南の島恒例、夕日と向き合う時間です。
島の西側、空港に離着陸する飛行機が見えて夕日が綺麗というシンリ浜に。
でもこの度は。。。
厚い雲に阻まれて夕日が見えそうな気配は微塵もなく。

CIMG7547.jpg
砂いじりして待っても

CIMG7528.jpg
お昼寝して待っても

やっぱり太陽が今何処にいるかさえもわからない状態。
諦めかけていたその時、

CIMG7554.jpg
奇跡的にお日が―!

CIMG7559.jpg
ちょっとでも見れてよかった

CIMG7571.jpg
翌日の空港  お迎えの飛行機はカワイイ子

急遽予定を繰り上げた割には臨機応変に対応できたし
それなりにおさえるところはおさえれたけど
やっぱり「癒され不足」という感じは残るな。

久米島はのんびりとした、素朴な島だった。
なんかその飾らない感じが気に入った。
そのよい所を十分に満喫するためにも、また次回ゆっくり来なければ!

CIMG7573.jpg
またくるよぉ~
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久米島旅行② [久米旅行 '08]

前日の(飲み)会議で予定より1日早く久米島を出ることを決めた。
久米島で足止めされてしまうリスクを考えると、それもいたしかたなく。

予約を変更し、残り少ない空席を勝ち取るために早起きした翌朝。
朝食までは少し時間があるので周辺をお散歩。

CIMG7450.jpg
宿のすぐ裏手はこんな素敵な景色

CIMG7456.jpg
イーフビーチは宿からたった100mほど

CIMG7457.jpg
まだ人も少なくて静か  台風のせいか少し雲が多い

台風の話に戻るけれど、やっぱり沖縄の人達の台風への関心は本土の人のよりずっと高い。
空港やホテル、至る所に台風の進路予想が張ってある。
当然といえば当然よね。交通手段が断たれれば孤島となる。

フロントのお兄さんに1日早い翌日に本島へ帰る旨を伝えた。
1泊分のキャンセル料を払うつもりでいた私達に、お兄さんは「大丈夫ですよ」と。
沖縄のルールなのか、善意なのか。とにかくありがたく。
そして私達にこんな決断をさせる台風がより憎く。

CIMG7476.jpg
怨みつらみが聞こえたのか、晴れた! 泳ぐぞー

CIMG7475.jpg
何処まで行っても腰丈ぐらいの遠浅ビーチ

座りながら波に揺られたり、仰向けに浮かんでみたり、
繰上げの駆け足旅行で唯一まったりとした時間。

CIMG7466.jpg
いまいち揃いの悪いシンクロ

CIMG7483.jpg
お昼ごはんはタコス!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久米島旅行① [久米旅行 '08]

発達中の台風は3日後に沖縄本島を通って北進する予想。
到着した那覇は晴れてはいるものの雲の動きが早い。

うーん、これはマズイなぁ。
明日以降、はての浜は「営業」するんだろうか。
ちょっと心配で久米行きの機内で隣り合わせたおじさんに聞いてみた。
「そりゃー今日行ったほうがいいよ」
久米在住のおじさんの話は説得力あり。

CIMG7421.jpg
というわけでチェックイン時に急遽ツアーを申し込み―

CIMG7425.jpg
初日からはての浜上陸!

CIMG7434.jpg
青と白の世界

ひょろっとした砂浜だと思っていたけどすごい広い。
お店もあればサッカーしてる人達もいる。

それに若干冷たく感じる海に入ると結構数多くの魚が!
勿体無いので、一人ひとつずつシュノーケルセットを借りてしばし海の中をお散歩。
でもそんな楽しい時間に水を差すように―

CIMG7426.jpg
なんかワルそうなラインエコーが東から接近中

CIMG7433.jpg
親子も逃げる

CIMG7429.jpg
トイレも不安そう

台風前面のスパイラル?まさに滝のような雨。
生肌なので痛いのなんの。来て早々すごい洗礼。。。

CIMG7440.jpg
嵐の後のなんとやら

本当は翌日、ゆっくり来る予定だったのが急遽繰り上がったので
はての浜滞在はボートが迎えに来るまでのたった2時間。
泳ぐことにあまりに必死で、気づけば写真も数なく。
でもはての浜に来れずに旅が終わらなくて本当によかった。

CIMG7443.jpg
宿のベランダからの眺め  さて、今晩は何を食べに行こうか~

久米島旅行! [久米旅行 '08]

今回はとある同期の卒業旅行
行き先が南の島に決まるまでに1分と時間はかからなかったけど
どの島に行くかはちょっと悩み所で。

・休みの関係上、あまり遠い所には行けない
・出来れば誰も行ったとこない島がいい
・魅惑的なビーチ希望

そこで私達の心をキャッチしたのは久米島の沖合いにある「はての浜」。
海に浮かぶ白い砂浜はヤバイでしょ。
ってことで目的地は久米島に決定。

ちょっと人出も落ち着くけれど台風の接近の多い9月。
この時期の沖縄に行くのはちょっとしたギャンブルだぞ、
なんてことを言われたりもしたけど
今までは何とか回避してきた。
でも出発間際にフィリピンの北の海上に怪しい渦巻きが。。。

誰だよ、行い悪いのは(泣)
北西へと進むその影に那覇からの飛行機を1日早めるのもやむなし、と
覚悟を決めていざ羽田を離陸。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。