So-net無料ブログ作成

九十九里 [フラリ旅]

先日、ノリと勢いで友人と九十九里へ爆走。
悲しいかな、8月も半ばになってこの夏、初めて夏らしい景色を見た。


おぉ、完全に仕事に捧げた筈の夏がカム・バーック


なんだか全てが愛おしく見える


はにわくんにも励まされ

とてもいい息抜きになった。


遊ぶ夏、仕事する夏。
どんな夏でもこの夏は一度きりしかないんだから
楽しめ、私!


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ベネルクス5日目 アムステルダムへ [ベネルクス旅行 '07]


ライデンの駅に戻ってきました

キューケンホフに行くにあたり、ライデン駅のロッカーで荷物を預けたのだけれど
ここのロッカーは現金が使えないタイプ。ユトレヒトの駅と同じ。
しかも今回は使用出来るカード欄の『VISA』に×印までしてある。
他に使えそうなカードは見たことの無い謎の印。。。
友人が聞いてくれた話によると、現地の地方銀行だかなんだかのカードらしい。

ツ、ツカエナイ。。。
結果的にはたいそうにも呼んでもらった警備員にお金を渡し、荷物を入れてもらった。


立派なロッカーな割にはいけてなかったなぁ。。。


DOG NOSE  ご対面

ライデン駅を出発した列車は、暫く球根畑の間を抜けていく。
こんな車窓が見たかったんだよ、ほんと。
オランダって感じの爽快な眺め。
球根畑ゆえに、このお花たちもすぐ切り取られてしまうなんて。
もったいない。

それに至るところに運河、水路も張り巡らされている。
だからだだっ広い牧草地の中に突然『小舟』が出現してビックリすること度々。
本当に生活の一部として使用されているのね。


海かと思いきや大運河


アムステルダム中央駅  到着

今までの街はほぼ歩き倒していた私達も
さすがに大都市アムスでの移動は厳しいってことで
ストリッペン・カールトなるトラム、バス両方で使える回数券を購入。
トラムに乗ってホテルへと向かう。


アムスの夕暮れ

キューケンホフでまったりし過ぎた為、チェックイン時は既にお外真っ暗。。。
折角の最後の夜、美味しいディナーを食べに行きたかった。

でも正直、夜のアムスはちょっと怖かった。。。

ホテルのフロントでオススメのお店を教えてもらって飛び出したけど
夜9時過ぎ、私達の宿泊していた所は人通りもあまりなく、お店もほぼ閉まりかけ。
ホテルに出入りするのにも常にインターホンでコンタクトして
ドアを開けてもらわなくていけない、って時点であまり治安が良くないってことだよね。

ホテルからちょっと距離のあったオススメ店は辿り着く前に断念。
仕方なくディナーはこれまた閉店間際のスーパーでゲットしたサラダに。。。

ホテルに戻ってフロントでフォークを貸してほしいとお願いすると
そんな私達を気にかけた気さくな支配人さんが
なんと手作りの暖かいお料理を部屋まで届けてくれた(涙)

 
アジアンテイスト                    必須項目  

アムスのレストランで豪華な晩餐、と言うわけにはいかなかったけど
幸運なことにアムスに住む人の手料理を頂けてしまった。
こっちの方が心にしみる、良い思い出。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。