So-net無料ブログ作成
検索選択

カナダ2日目① [カナダ旅行 '06]

目を覚ますと快晴。
雪のTORONTOのビル群と青空がまぶしい。


部屋からの眺め  朝バージョン

朝ごはんをTim Hortonsでいただくことに。
Tim Hortonsは元アイスホッケー選手が始めたCoffee&Doughnutsチェーン
カナダではあまりにも有名とのこと。
確かに、車で街を走っていても2,3ブロックに1軒あるんではないか、
というくらい店舗を各所で目撃。しかもなんと24hr営業。
コンビニ感覚?にしてもお洒落な…
早朝も出勤前の人で店内は大混雑、カナダ人には欠かせないお店のようだった。
私達はサンドイッチとコーヒーオーダー

   
朝のYONGE ST.                   Tim Hortons

車の中で朝食をとった後、CNタワーに行くべくYONGE ST.を南下していく。
車から街並みを見てると面白い。
古い建物と新しい建物が混在している。それに飲食店が多国籍なこと多国籍なこと。
さすがは多文化共存都市。
 

暖房設備の原理が違うのかな?  みんなてっぺんから煙が出てます

駐車場に車をとめて、CNタワーに向けて歩き出す。
この季節のカナダは雪が解けかけてそれはもう歩きにくいのだとうと思っていたが、
雪が解けるほど気温も上がらず。意外とよい時期に来たのかな?


CNタワーの横にあるSkydomeはBLUEJAYSの本拠地


はいっ、今から上るよー!


カナダ1日目 [カナダ旅行 '06]

日本を飛び出して11時間ほど、シカゴ・オヘア空港に到着。
AAは座席が少しばかり広い目のようで、なかなか快適だった。

入国後、なんといっても荷物のRe-checkとやらが初めてなのでビビッていたら
「TORONTO行き?そこに置いといてー」とあっさり終了。

その後ターミナル5からターミナル3へと移動する。
時計を見ると到着してから既に1時間近くが経過。
入国審査で並んだから??
ターミナル移動もあるし、乗り継ぎ時間多めに見ていてよかった。


広いORD空港  当たり前だけどAA大量発生

セキュリティ チェックを受けるため再び並ぶ。
と、入り口に「NO WEAPON」と書かれた看板。下には銃のイラストに×の印。
「ナイフではなくて銃なんだ―」
アメリカに来たことを意外な形で実感した。

ゲートで待っていたMD80に乗り込み、およそ1時間のフライトでTORONTOに到着。
到着ロビーで友人と再会!
なんか海外に来て知ってる人が出迎えてくれるなんて嬉しいなぁ。

ルンルンでロビーを出ると、、、寒っ!!
現地時間20時過ぎ。外が氷点下の世界であることをすっかり忘れていた。。。
いきなりカナダを体感しつつ、中心部へと友人の車で向かう。

HotelにChekinして早速腹ごしらえへ。
カナダのステーキチェーン、「THE KEG」に連れて行ってもらう。
ってかさっきまで降ってなかったのに大粒のぼたん雪が―。


あっというまに積もってしまった


THE KEG  なんだかお城のよう

席についてメニューとにらめっこするも、種類が多くて選びきれない状態。
友人が聞いてくれてウェイターさんも色々説明してくれるが、速くて半分も聞き取れず。。。
結局私はお勧めしてくれたのを注文
塩コショウのシンプルな味付けで、ミディアム・レアで頼んだのだが意外と柔らかく、
ボリューム満点のカナダビーフに満足満足。

部屋に帰り、夜景にうっとりして、日本からの長い長い1日が終了!


部屋からの眺め  夜景バージョン


カナダ旅行! [カナダ旅行 '06]

カナダに行かねば!
一昨年からワーホリでTORONTO近郊に住んでいる友人の所へ
行かねば行かねばと思っていたのを遂に実行に移すこととなった。

一緒に行く友人とお互い休みが取れたのを確認して
出発3週間前からいろいろ手配しだすというやや慌しい出発に。

日程は5日間。しかもTORONTOへの直行AC便がその日キャンセルで
アメリカ経由での入国。
現地滞在丸二日+α。鬼強行。
でも現地で友人が出迎えてくれるなんて心強い。

2月のカナダってどんなだろう。
メールでは「今日は暖かくて5℃だったよ」と。
アタタカクテ5℃?
そうすると寒い日の夜は何℃??
ナイアガラもやはりカチンコチンになってしまうのだろうか?
っていうかアメリカ経由だと一度荷物を取らなきゃいけないの!?

ポロポロ出てくる疑問に悶々としているうちに出発の日はあっという間に来て、
私は記念すべきアメリカ大陸への第一歩を踏み出すこととなった。


NRTからAA便で出発!


3日目 石垣島 [石垣旅行 '06]

青空が見える朝。
よし、今日は期待できそう!とレンタカーを借りて
初日のリベンジに燃える玉取崎展望台へ。

30分弱で到着。それでもその頃にはあやしい雲行きに。


平久保半島を望む

たまたま展望台で一緒になったツアーガイドさんが
「水平線のあの辺りに宮古島の製糖工場の煙突が2本見えますよ~」
と言うので、目をこすりつつ見るも私には見えず。。。
天気のよい日はくっきり見えるそうだ。

展望台を後にして、海沿いを市街地方面へ。

一日に7色の色合いを見せるという川平湾。
最後にもう一度立ち寄ってみた。


確かに初日とは違う色だわー

本当は自分で潜るのが一番だけど、なんといっても2月。
でも折角だし海の中が見たい!ということで、グラスボートに乗ることに。

ボートが動き出してからしばらくすると、色とりどりの魚や珊瑚が!

写真には撮らずに目に焼き付けてね」
ボートのおじさんに言われたが、カメラ小僧の手は既に動いた後だった。


30分間  ガラスに釘付け~

おじさんの言うように、しっかり焼き付けましたよ、目に。
川平湾にもお別れをして空港へと向かった。

残念ながらお天気には恵まれなかったが、
なんとも懐かしく、元気回復の3日間だった。
何より、また三人で旅行出来たのが嬉しかったよ。

また集まれることを楽しみにして!


2日目 小浜島 [石垣旅行 '06]

竹富島に続いて2つの目の離島、小浜島に到着。
と、船を降りるとものすごい暴風雨。。。
晴れ女の力もここまでかと諦め、若干テンションも低めにレンタカーに乗り込む。

最初、小浜島もレンチャリで周ろうかと言っていたのだが、
車にしてよかった!意外と起伏が多い。そして雨もなかなか止まない・・・


ここでもヤギ子さん登場  食事中に失礼しました

小浜島は連ドラ「ちゅらさん」の舞台にもなった島。
「ちゅらさん」を結構見ていたので、あ、ここは・・・!と思う場所がいくつかあった。


「こはぐら荘」としてロケに使われたお家

有名なシュガーロードに行くも、
残念なことに主役のシュガーは収穫されていなかった。

それにしてもこの島の道は走っていて気持ちがいい。


車の中からのシュガーロード  対向車が来てもすぐわかる

しばらくしてやっと雨があがり、急激に遠方が見えるようになってきたので
よし今だ、とちゅらさん展望台に行ってみる。

うん、なかなかよい景色。
向かいには西表島が姿を見せた。


右に和也くんの木が見える  牛達ものんびり


さとうきび畑が揺れる、緑豊かでのんびりとした島だった  


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。