So-net無料ブログ作成
検索選択

フィンランド旅行10 バルトの船旅 [フィンランド旅行 '08]

この日はバルト海を挟んでフィンランドの向いの国
エストニアの首都、タリンへの日帰り旅。
高速艇で片道1時間半、フェリーでも2時間。
そんな距離にある世界遺産の街を見逃すわけにいかず。

タリンへ船を出している会社は幾つかあって、それが出航する港もバラバラ。
ひとまず早くヘルシンキを発って現地でのんびりしたいのと、ホテルからの位置関係とで
市街の東、カナヴァ・ターミナルから出る高速艇乗り場へ向かったら

CIMG9511.jpg
荒波により欠航の文字が。。。

凹んでいる暇もなく、次の手段に考えていたフェリー“TALLINK”に乗るため
今度は市街の西、少し遠いランシ・ターミナルへ。

CIMG9513.jpg
時間があったので徒歩にて  本当に大きな港町です

なんとか辿りつき、チケットを購入。
タリンクは往復で6000円ぐらいだったかな?現地でのタクシー割引券とかも付いてきました。
その際もパスポートを見せたくらいで、特に出国手続きらしいものもせず。
空いてる時間に食事とお土産で使うと予想した分だけ両替をすませます。

CIMG9531.jpg
もう二度と会わないかも  エストニア・クローンを記念撮影

CIMG9529.jpg
この乗り場からは殆どがタリン行き  乗船時間は10分間だけ!

待っていたロビーからは私達が乗る船の姿は見えなかった。
そのうちGo to Shipの時間になり、お年を召した方とかは
絶対10分で乗船できないであろう距離を歩いた後、やっと船の姿が。

CIMG9566.jpg
って、そのデカさと色に一同驚愕

こんな大きな船は、大昔に利用した舞鶴-小樽間の新日本海フェリー以来では?
この人数で、しかも2時間の航行でこんな立派な船。

CIMG9557.jpg
船の先頭ではステージ生演奏  自由席の豪華ソファーは早い者勝ちですよ

CIMG9672.jpg
スーパーは結構大きくて、勿論ユーロ、クローン両方OK

CIMG9674.jpg
免税らしいお店も入ってます

帰りの船は内装が違っていたから、毎回同じとは限らないみたいですが
フードコートも充実してたし、飽きない大変立派な船でした。
あと荒波にも負けない大きな船だけど、外洋に出たらやっぱり少し揺れます。

CIMG9565.jpg
あっという間に新大陸に到着!
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。