So-net無料ブログ作成
検索選択

フィンランド旅行9 初のロシア料理 [フィンランド旅行 '08]

午後からは夕食まで別行動。
それぞれ博物館や食器類のアウトレットへと散って行き
私はクリスマスマーケットとショップ巡り。

CIMG9466.jpg
ヘルシンキのクリスマスマーケット

ロヴァニエミの所でも書いたけど、ドイツやアルザスのものに比べると
質素と言うか可愛らしさに少々欠けるというか。。。
面白いと思ったのは、海沿いの町ならではの屋台かな。

CIMG9475.jpg
小魚てんこもり  最後は少し飽きるけど美味

その後はポホヨイスエスプラナーディ通り(!)で色々お買い物。
有名な雑貨類のお店が軒を連ねています。

CIMG9471.jpg
食器類がキラキラ大集合のIittala(イッタラ)

CIMG9472.jpg
木の風合いが優しいAarikka(アーリッカ)

CIMG9473.jpg
一際目を引くMarimekko(マリメッコ)

マリメッコの製品なんかは日本で買うと倍以上の値段。
フィンランドの価格がそれ相応な気がしますが、ブランドっていうのはそういうもんなんですかね。
なんだかんだ言いつつ、色々買って帰っちゃいました。
黒ウニッコの斜め掛けカバンは現在愛用中。
しっかりTax Refundも忘れずに。

そしてこの日の夕食は折角近くにいるんだからと“ロシア料理”に決定。
専門のお店に行くのは初めて。ピロシキ、ボルシチぐらいしか知らず。
ドキドキしながら市街南部のお店へ。

CIMG9485.jpg
入ると熊のお出迎え

ラッキーなことに日本語のメニューが出てきました。
さっぱり検討もつかなかったので有難い。
旅も終盤、もたれ気味のお腹を抱えた私は少なめに
ビール、謎の“そば粉のブリニ”、ボルシチを注文。
ウェイターさんはブリニのことを“パンケーキみたいな”と言っていたけど
全然想像がつかず興味津々です。
ちなみに熊肉料理もありましたが、お値段は100ユーロ以上。。。

CIMG9489.jpg
ビールは柄が気に入りました

さて、謎の“そば粉のブリニ”の登場です。
色んな種類のブリニがある中、選んだのは“イクラ”が付いてくるタイプ。
ひとまず、丸く焼かれたパンケーキにバターを塗り、

CIMG9498.jpg
イクラ、オニオン、卵、ピクルス、サワークリームをとり

CIMG9499.jpg
生地に載せて頂きます

甘く温かいパンケーキVS塩気があって冷たい具材。
口の中が色々コラボレーションでしたが美味しかったです。
そば粉もほんのり香ばしくて。
帰国後調べたら“ブリヌイ”や“ブリン”で通ってるらしく
前菜やデザートとして食されるとか。

CIMG9500.jpg
パイが添えられたボルシチ  期待通りのお味

食事の途中には民族衣装を着たスタッフが
楽器演奏しながら歌ったり踊ったり。
イメージしていたのは豪快な感じでしたが
味も見た目も繊細な感じのお料理でした。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 2

miyoko

Iittala(イッタラ)  キラキラ 素敵な灯り
つい、入ってみたくなりそう~♪
by miyoko (2009-07-15 18:04) 

aya

>miyokoさん
観光客もよく行くからか
どのお店も入りやすい雰囲気でしたよ~
by aya (2009-07-18 12:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。